〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-2-1 ヴァンクールセンター北3F 
トップ アクセス はまだ耳鼻咽喉科 総合案内 はまだ耳鼻咽喉科 診療内容
はまだ眼科 総合案内 はまだ眼科 診療内容
HAMADACLINIC
インフルエンザ予防接種予診票
オルソケラトロジー
 
アイコンコンタクト
眼科一般
緑内障
白内障
飛蚊症
検 診
眼鏡処方
コンタクトレンズ診療
レーザー治療
(視力検査・糖尿病や高血圧などの方の眼底検査等)  
オルソケラトロジー
眼鏡

がんきょう
眼鏡
眼鏡は常に使用するものですから、慎重に処方する必要があります。誤った眼鏡を処方することで、人工的に乱視を作ったり、眼精疲労を作ったりすることになります。自覚的視力を元にして正確な屈折値を決めたら、原則として眼鏡はそれより弱めで処方します。眼科できちんと検査を受けてから眼鏡を作りましょう。

■老視
年齢が増すにしたがって小さい字が読みづらくなったり、近くのものが見にくくなる状態を老視(老眼)といいます。これは、ピント合わせをする働きの水晶体の弾力性が弱まって調節力が低下するために生じます。いわば、老化現象なのですが放置していると目が疲れやすかったり、頭痛、肩こりの原因となることがあるので、無理をせず適切な老眼鏡をかけて弱まった調節力を補う必要があります。老視は徐々に進みますので、眼鏡の度を次第に強くしていかなければなりません。