〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-2-1 ヴァンクールセンター北3F 
トップ アクセス はまだ耳鼻咽喉科 総合案内 はまだ耳鼻咽喉科 診療内容
はまだ眼科 総合案内 はまだ眼科 診療内容
HAMADACLINIC

インフルエンザ予防接種予診票

オルソケラトロジー
 
アイコンコンタクト
眼科一般
緑内障
白内障
飛蚊症
検 診
眼鏡処方
コンタクトレンズ診療
レーザー治療
(視力検査・糖尿病や高血圧などの方の眼底検査等)  
オルソケラトロジー
飛蚊症

ひぶんしょう
飛蚊症
目の前に黒点やゴミ、時には輪のようなものが動いて見える症状を飛蚊症といいます。
眼球の中の大部分は硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な物質が詰まっています。硝子体に「濁り」ができると、明るいところでその濁りの影が網膜に映り、眼球の動きとともに揺れ動いて「浮遊物」が飛んでいるように見え、飛蚊症として自覚されます。この「濁り」には生理的な原因によるものと、病的な原因によるものがあります。

■生理的飛蚊症
胎児の眼球が作られる途中では、硝子体に血管が通っていますが、眼球が完成するとこの血管はなくなっていきます。しかし、生まれた後も血管の名残が硝子体に残存すると、これが濁りとなって飛蚊症の症状を自覚することがあります。
また、歳をとると硝子体はゼリー状から液状に変化し、硝子体は次第に収縮して網膜から剥がれます(硝子体剥離)。このような変化が飛蚊症の症状をもたらしますが、これは生理的な現象です。若い人でも強度近視の場合はこの硝子体剥離が早期に起こりやすいです。
飛蚊症は一度出ると生涯治りませんが、病気ではなく治療法もありません。また治療の必要もないので、変化がなければ放置しておいて構いません。
■病的な原因による飛蚊症
ぶどう膜炎
ぶどう膜という組織に細菌やウィルスが進入したり眼のアレルギー反応により炎症が起こると飛蚊症の症状を自覚します。炎症がひどくなると「浮遊物」が増加して、視力が低下します。これは早期の治療が必要です。
網膜裂孔・網膜剥離
硝子体剥離やその他の原因で網膜に穴があいたり(裂孔)その穴を中心に網膜が下の層から剥がれて硝子体の方へ浮き出す(網膜剥離)ことがあります。網膜裂孔の治療はレーザー光線で裂孔の周囲を焼き固め(光凝固)、剥離を防止します。これは通院治療で行えますが、網膜剥離を起こすと入院・手術が必要になります。
硝子体出血
糖尿病や高血圧 外傷などにより眼底で出血が起こり、その血液が硝子体に入ると突然、飛蚊症の症状を感じたり目の前にカーテンが下りたように感じます。出血の量や位置により視力が著しく低下します。出血が少なければ自然に引くこともありますが、量によっては止血薬や血液の吸収を早める薬で治療します。状態により出血部位にレーザーを当てたり、大量の出血が吸収しない場合は手術も必要になります。