〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-2-1 ヴァンクールセンター北2F 
トップ アクセス はまだ耳鼻咽喉科 総合案内 はまだ耳鼻咽喉科 診療内容
はまだ眼科 総合案内 はまだ眼科 診療内容
HAMADACLINIC
インフルエンザ予防接種予診票
オルソケラトロジー
 
アイコンコンタクト
耳鼻咽喉科一般
小児滲出性中耳炎
アレルギー性鼻炎
花粉症
慢性副鼻腔炎
睡眠時無呼吸症候群
いびき
めまい
難 聴
APC日帰り手術
(予約制:鼻づまりでお困りの方ご相談下さい)
いびき・睡眠時無呼吸症候群

いびき・すいみんじむこきゅうしょうこうぐん
いびき・睡眠時無呼吸症候群
鼻やのどの病気によりいびきが生じることもありますが、肥満は大敵です。いびきだけでなく、寝ている間に呼吸が止まってしまうのが睡眠時無呼吸症候群です。全身にも大きな影響を及ぼすことがあるので、心当たりのある方はご相談ください。

いびきは鼻やのどを空気が通る時に生じる粘膜の振動音で、誰にでも起こる現象です。いびきの原因としては肥満の他に、鼻中隔弯曲症や慢性副鼻腔炎、扁桃肥大や口蓋垂肥大などの鼻・のどの疾患も原因と考えられます。
いびきをかくだけではなく、寝ているときに呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群をはじめとする、睡眠呼吸障害は全身に大きな影響を与えることがある為、注意が必要です。睡眠時無呼吸症候群は寝ている最中に鼻やのどの呼吸経路の一部が閉塞、狭窄してしまう疾患です。脳からは呼吸の命令は出ているのですが、鼻やのどの空気の通り道が狭いために空気の流入が障害され、結果的に無呼吸になってしまうのです。この状態を長期間放置しておくと心不全や高血圧などの合併症を起こす可能性が高くなり、危険な病態と言えます。
また一見寝ているように見えても、空気の通り道が狭いために努力性呼吸となり、睡眠は頻回に中断されてしまいます。本人は熟睡しているつもりでも、昼間睡魔に襲われたり集中力の欠如、頭痛、イライラなどの不愉快な気分が生じたり居眠り運転をしてしまったりと、正常な日常生活を送ることが困難になってしまいます。快適な睡眠で健康的な日々を送るためにも、また将来的に運転免許の取得にも制限がかかるかも知れませんので、少しでも症状に思い当たることがあったら、早めの検査をおすすめします。

■検査
当院では、いびき・無呼吸・鼻咽頭疾患・高血圧・肥満など、睡眠時無呼吸症候群の危険因子がある方に対してスクリーニング検査を行っています。この検査は携帯用睡眠時無呼吸検査装置を用いて、ご自宅で検査して頂くものですから、普段の睡眠時における呼吸状態を調べることが出来ます。入院などの煩わしさはありません。検査結果から、より精密な検査を必要とする状態であると考えられるときには、合併症の心配もありますので専門病院を紹介させて頂きます。
■治療
感冒や急性上気道炎では腫脹した粘膜により鼻閉が生じるので、いびきが強くなります。このような場合には抗生物質や消炎剤などを服用します。局所療法としてネブライザー療法も行います。とくに小児では、アデノイド増殖症や口蓋扁桃肥大(いわゆる扁桃腺が大きいもの)により、ただでさえ狭い呼吸経路となっています。これに炎症が加わると、粘膜が腫れますのでいびきが増大し、睡眠時無呼吸もひどくなります。乳幼児では鼻腔が狭いため、少量の鼻汁でも鼻呼吸は障害されてしまいますので、鼻汁の吸引が必要となります。
N-CPAPと呼ばれる治療法はある程度以上重症な方に行われる治療法ですが、鼻中隔弯曲症やアレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎(ちくのう症)などの鼻疾患が存在すると、治療の効果が十分でないことや、そもそも治療自体出来ないこともありますので、まず鼻に対する治療が必要になります。
肥満により上気道(空気の通り道)が狭くなっている場合には、ダイエット療法を平行して行う必要があります。
アゴの小さい方や下顎が後退している方は、仰向けになると上気道が狭くなりますので、このような場合にはマウスピースを使用することもあります。